かいしゃのいぬにっき。

北国に住む25歳の犬(♂)現実逃避とお酒と女の子が好きです。ロールキャベツみたいな奴とよく罵られます。

現代の若者はlineグループで愚痴を流すらしい

こんばんわ。

いきなり会社で萌えソングが流れたのでついにわが社もニュージェネレーションかと思いましたが私の携帯から流れておりましたジーザス。

 

掲題の件につきまして、いきなりこのようなことを上司から言われたらどう思われますでしょうか。

「最近の若者はラインで傷の舐め合いをしている、俺たちの悪口で盛り上がってるんだろ」

 

1、いやいや違いますよ~と流す

2、はいそうですと認める

3、そうらしいですねーと責任転嫁

 

私として一番戸惑ったのは、実際に言っていたからではなく、またそういう人を知っているからではない。

 

 

 

同期とのラインは

「ぶっぶーですわ」

で埋め尽くされているからである。

 

同期はルビまる推しだが、なぜかハマっている。

私は言わずもがなダイヤちゃん推しである。

 

ここで会社の携帯を見られることとなれば、アニメの感想と「ぶっぶーですわ」の応酬を白日のもとに晒されることとなる。

どっちみち上がる評価などない、私は言った。

 

「僕たちも色々あるんですよー」

 

その反応に上司は満足したらしく、他の先輩とまじありえねーと笑っていた。

まじありえねー、は極黒のブリュンヒルデ最終回だけにしてほしい。

 

しかもなぜそんな自分だと思うのか。あれか、見られてる的なあれか。

残念ながら私の頭はヤングジャンプとダイヤちゃん、それに会社の傾き加減による大型クレーム数件の対応だけである、ごめん嘘転職活動のことだけである。

 

その後電話してきた上司は、「たまには金曜でも飲みに行くかー、お前の不満もあるだろう」と夜電話してきた。大きなお世話である。金曜はカチョーに付き合って飲んだくれ、タクシーで帰るかてっぺん越えても残業ラッシュしてタクシーで帰るかの2択だからである。(ちなみに残業代もタクシー代もでない、公式には定時で帰ったことになっている)

 

弊社でも働き方改革をするとのことであったが、まさかの営業は範囲外。捨てゴマだからだろうか。

それに残業時間なんて120時間は越えているだろうが数えたことなどない、なぜか。無駄だからだ。

そんな暇があるならかわいい女の子と飲みたい。輝きたいのである。シャイニー!